Welcome!

グルコサミンは関節痛の救世主になりえるか

6月 10th, 2012

厚生労働省の実施した国民生活基礎調査を見ると、病気や怪我などの自覚症状がある方に対する調査では、男女ともに「手足の関節が痛む」との回答が上位を占めています。関節痛は年齢を重ねるごとに症状は顕著になるため、これから訪れる超高齢化社会で抱える問題の一つとなります。

関節痛の原因のひとつに関節軟骨の減少があります。特に膝関節は、全体重を支えているため負荷が掛かりやすくなります。長年酷使していくと関節軟骨は削られて少なくなってしまいます。関節軟骨は、歳を重ねてゆくたび生成量が減少していくため、次第に骨と骨がぶつかるようになります。すると骨まで削れてきて炎症を起こし痛みとなります。いわゆる変形性膝関節症です。

この減少していく関節軟骨の生成を助ける成分として注目を集めているのが“グルコサミン”です。関節軟骨の成分は、コラーゲン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、水分などです。グルコサミンは、関節軟骨の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸を生成するための原料となります。現在では、グルコサミンは関節痛改善に効果を期待されており、サプリメントなどで製品化されています。不足した関節軟骨を補うためにもグルコサミンはおすすめです。

グルコサミンとコンドロイチンの食品>>http://www.iraqcompact.org/

栄養不足が薄毛を招来します

5月 30th, 2012

皆さんはヘアサイクルという言葉をご存知ですか?ヘアサイクルは、毛周期とも呼ばれ髪の一生を意味しています。薄毛の悩みを抱えている方の多くは、ヘアサイクルの乱れにより症状が進行していることが多いのです。しかし、一番は栄養不足だと言われています。

さて、薄毛を改善するには乱れたヘアサイクルを正常な状態に戻さなければなりません。そんな時、頼るのが育毛剤です。

さて育毛剤といっても様々な商品が存在しますね。皆さんならどのような基準で選択しますか?実は、この選択が薄毛の改善に大きく影響します。医薬品に分類される育毛剤の成分としては、ミノキシジルやフィナステリドが有名です。しかし双方適応症例に違いがあります。ミノキシジルは、血行不良により頭頂部が円形状に薄くなる脱毛症に効果的です。フィナステリドは、男性ホルモンにより生え際部分がM字を描くように薄くなる脱毛症に効果的です。

つまりヘアサイクルを乱している原因が違えば、利用する育毛剤の有効成分にも違いが出てくるのです。薄毛の治療には時間が掛かります。育毛剤の利用中「この育毛剤は自分に合わないのでは?」といった疑心暗鬼に陥ると継続する意欲も薄れてしまいます。もし余裕があるのであれば、専門医に診断頂くことをおすすめします。

育毛剤を30日で学ぶサイト
http://www.bdorichfield.com/

ジャンクフードをやめて野菜・果物中心のベジタリアンへ

5月 22nd, 2012

古くから日本人の食生活は野菜中心でした。様々な野菜、漬物などが食卓に並んでいたのです。いつの頃からか食卓に並ぶ中心は、肉料理になり、野菜類の品数は少なくなっています。子供たちだけでなく、大人もテレビをみながらジャンクフードを食べています。マクドナルドが好きですし、モスバーガーが大好きなのです。昔の日本人が現代の食卓を見たらどのように感じるのでしょうか。

古来より野菜を食してきた日本人にとって、現代人の食している牛や豚、鶏などのたんぱく質の消化吸収は苦手なのです。そのため、肉食中心の食生活は、体に少なからず負担を与えています。このとき、消化不良などのトラブルを防いでいるのが“酵素”なのです。

酵素が含まれている食品としては、野菜やぬか漬け、味噌汁などが挙げられます。これらの酵素が含まれている食品を摂取することで、胃の負担を軽減して消化を助けてくれるのです。

酵素は体内でも分泌しています。しかし、体内で酵素が不足すると、消化酵素を体内で生成しなくてはならなくなり、体内で必要な他の酵素を生成できなくなります。その結果、たんぱく質、炭水化物、脂質といった栄養素をエネルギーに変える代謝酵素を作り出せなくなります。そして、脂肪の付きやすい体質になってしまいます。

このように酵素は、健康的な生活を送る上で必要不可欠な栄養素なのです。酵素が日常生活で不足気味だと感じられている方は、サプリメントなどで積極的に摂取する必要があります。

酵素の総合情報ならこちらを参考にされてください⇒酵素ドリンク・サプリランキング
酵素の効果やその役割などのほか、不足しがちな酵素を補うドリンクなどをランキングでご紹介しております。